らくご@座
高田文夫事務所松田健次&ざぶとん亭馬場との企画ユニット
らくご@座2017公演
詳しくは↓
らくご@座HP


らくご@座・紀伊國屋ホール


   白鳥・三三両極端の会 vol.12
日時 2018.5.1(火)18:30開場 19:00開演
会場  紀伊國屋ホール
出演  三遊亭白鳥 柳家三三
芸風がまったく両極端のふたり
お互いに宿題を出し合いながら
数々の波紋を呼ぶ高座が生まれてきました
かれこれ12回目となります今回の宿題は・・・
    ▽
白鳥「三三への宿題は、
   おれ以外の新作を誰かに稽古つけてもらって~」
    ▽
三三「白鳥アニさんへの宿題は、
   架空の生き物が活躍する噺で~」
    ▽
どうぞご期待ください!
 料金  3500円 (全席指定)
チケット 完売御礼 当日券発売は未定です

詳細はらくご@座HPを覗いてね。
らくご@座HP


===============

あかね書房から、子供から大人まで楽しめる画期的な
落語絵本シリーズが誕生!
あかね書房・古典と新作らくご絵本HP
「古典と新作らくご絵本」
ざぶとん亭ばば監修・編集をさせていただきました。
好評発売中!

古典と新作 らくご絵本 (10)
夢金
立川談春 文/寺門孝之








古典と新作 らくご絵本 (9)
だんご屋政談
春風亭一之輔作/石井聖岳絵/ばばけんいち 編








古典と新作 らくご絵本 (8)
モモリン
立川志の輔作/いぬんこ絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (7)
とのさまと海
三遊亭白鳥作/小原秀一絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (6)
ぬけすずめ
桃月庵白酒文/nakaban絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (5)
りきしの春
春風亭昇太作/本秀康絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (4)
おうじの狐
柳家三文/原マスミ絵/ばばけんいち 編






古典と新作 らくご絵本 (3)
ふどうぼう
林家たい平文/大畑いくの絵/ばばけんいち 編



古典と新作 らくご絵本 (2)
ろじうらの伝説
柳家喬太郎作/ハダタカヒト絵/ばばけんいち 編


I 古典と新作 らくご絵本 (1)
ねっけつ!怪談部
林家彦いち 作/加藤休ミ


定価1,620円 (本体1,500円+税)/小学校低学年以上/ISBN978-4-251-09501-5
落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシ リーズです。1作目は、熱血落語家・林家彦いちの新作落語から。絵は、異能のクレ ヨン画家・加藤休ミ!



RECOMMENDATION! NO.1webRADIO 白酒のキモチ。 SonyMusicDirect

桃月庵白酒師匠の落語&面白トーク!
古典落語、ロック、カウリスマキ、&anythingFantastic!
ざぶとん亭ばば、楽しく聞き手を務めておりまする。

プロモ動画も目が離せないよ。必見ロール!

ぜひ、お聴きくださいね!

白酒のキモチ。


2010/05/27 あいれ愛しや 六月のエンケン!

風流日記一覧へ

6/13甲府桜座エンケンライブへのお誘い〜文っす。







あいれ愛しや、六月のエンケン
     …静寂と爆音の優しさ
         ざぶとん亭風流企画 馬場憲一


 六月十三日の日曜日
桜座でのエンケンこと遠藤賢司ライブを前に、
三年前の六月の僕の記憶を書きとめておこう。
六月のエンケンの音の記憶。
それが、桜座で六月にやりたかった衝動なんです。


 それは、二千七年六月五日の夜、SHIBUYA-AX、
《遠藤賢司還暦記念リサイタル》。

 前半、闇の中で蠢く如くの『猫が眠っている』、
早くも一曲からのめり込む僕。
『歓びの歌』『早く帰ろう』『外は暑いのに』
『ハローグッバイ』『東京ワッショイ』等々
アコースティック、エレキ両極で大いに感情を揺すぶられた後に、

ピアノに座り、静かに歌う
『死んじゃったお母さんの夢』。
さめざめ泣いちゃったんだった。そうそう、思い出す。

『踊ろよベイビー』『男のブルース』『満足できるかな』で
涙の顔から笑い出したのは僕ばかりじゃなかった。ホッ。  

 後半、トキワ荘の青春を思い出させる『ラーメンライスで乾杯』と
七十年代の東京を切り取った『カレーライス』。

 ここまで、たったひとりで二時間以上歌い続け客席を魅了し続けた後、
新たな興奮の時が来る。  

 ゲストの細野晴臣、鈴木茂、林立夫がステージに現れ、
エンケンとの30年ぶりのライブバンドが実現したのだ。
 はっぴいえんど、ティンパンの時代が瞬間にして蘇る。
『雨あがりのビル街』での研ぎすまされた美しい演奏と声。
エンケンの煽情が疾走する「夜汽車のブルース」でのグルーヴ感。
 盟友細野晴臣との猫のエピソードで笑わせた後の
『寝図美よこれが太平洋だ』の楽しさ。  
30年前に完璧といわれたエンケン&ティンパンが更に進化している!

老境にさしかかる今、更に磨きのかかった美しさが誕生している。

 完璧なんていう留まった形はないんだ、やり続けて咲かす美しさがあるだけだ。
そう思った。

 そして、アンコール。
PAなしで客席に乱入して『不滅の男』を熱唱するエンケンに、
客席の鈴木慶一、土屋昌巳の喜びようたるや。
最後の曲『夢よ叫べ』の気高さは筆舌に尽くせず。


六月十三日がどんな天気でもいい。
ただ、六月の森羅万象は、濡れたり乾いたり、
柔らかい緑が濃くなったり
黴びたり、腐ったり、産まれたり、
まるで人間の生きてる表情全部の丸出しみたいな季節。

「音楽は全芸術の基本。リズムが創造魂を突き動かす。
 俺達一人一人は60兆の銀河とも言える細胞を抱えた裸の大宇宙なんだよ。」
         (引用:サミー前田取材のエンケン語録)


六月のエンケン。喜怒哀楽丸出し丸裸で聴こうじゃないか。

近くの方も遠くの方もぜひ!
 
『遠藤賢司ライブ@桜座』
六月十三日(日)夜六時半開場、七時開演
木戸銭 予約、前売三千円、当日三千五百円
    大学生以下、二千円(当日も)

チケット予約、販売、お問合せは、桜座 及び、
ざぶとん亭風流企画ばば迄、お気軽に!
  HP http://www.zabutontei.com
メール info@zabutontei.com
電話 055−262−6633




UserCPU TIME: 0.0078 sec.