らくご@座
高田文夫事務所松田健次&ざぶとん亭馬場との企画ユニット
らくご@座2017公演
詳しくは↓
らくご@座HP


らくご@座・紀伊國屋ホール


   白鳥・三三両極端の会 vol.12
日時 2018.5.1(火)18:30開場 19:00開演
会場  紀伊國屋ホール
出演  三遊亭白鳥 柳家三三
芸風がまったく両極端のふたり
お互いに宿題を出し合いながら
数々の波紋を呼ぶ高座が生まれてきました
かれこれ12回目となります今回の宿題は・・・
    ▽
白鳥「三三への宿題は、
   おれ以外の新作を誰かに稽古つけてもらって~」
    ▽
三三「白鳥アニさんへの宿題は、
   架空の生き物が活躍する噺で~」
    ▽
どうぞご期待ください!
 料金  3500円 (全席指定)
チケット 完売御礼 当日券発売は未定です

詳細はらくご@座HPを覗いてね。
らくご@座HP


===============

あかね書房から、子供から大人まで楽しめる画期的な
落語絵本シリーズが誕生!
あかね書房・古典と新作らくご絵本HP
「古典と新作らくご絵本」
ざぶとん亭ばば監修・編集をさせていただきました。
好評発売中!

古典と新作 らくご絵本 (10)
夢金
立川談春 文/寺門孝之








古典と新作 らくご絵本 (9)
だんご屋政談
春風亭一之輔作/石井聖岳絵/ばばけんいち 編








古典と新作 らくご絵本 (8)
モモリン
立川志の輔作/いぬんこ絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (7)
とのさまと海
三遊亭白鳥作/小原秀一絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (6)
ぬけすずめ
桃月庵白酒文/nakaban絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (5)
りきしの春
春風亭昇太作/本秀康絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (4)
おうじの狐
柳家三文/原マスミ絵/ばばけんいち 編






古典と新作 らくご絵本 (3)
ふどうぼう
林家たい平文/大畑いくの絵/ばばけんいち 編



古典と新作 らくご絵本 (2)
ろじうらの伝説
柳家喬太郎作/ハダタカヒト絵/ばばけんいち 編


I 古典と新作 らくご絵本 (1)
ねっけつ!怪談部
林家彦いち 作/加藤休ミ


定価1,620円 (本体1,500円+税)/小学校低学年以上/ISBN978-4-251-09501-5
落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシ リーズです。1作目は、熱血落語家・林家彦いちの新作落語から。絵は、異能のクレ ヨン画家・加藤休ミ!



RECOMMENDATION! NO.1webRADIO 白酒のキモチ。 SonyMusicDirect

桃月庵白酒師匠の落語&面白トーク!
古典落語、ロック、カウリスマキ、&anythingFantastic!
ざぶとん亭ばば、楽しく聞き手を務めておりまする。

プロモ動画も目が離せないよ。必見ロール!

ぜひ、お聴きくださいね!

白酒のキモチ。


2010/05/31 文左衛門喬太郎〜細野晴臣デイジーワールドの夜

風流日記一覧へ
末廣亭余一会昼夜
素晴らしき哉、寄席文化。

昼は、ゲストの小朝師匠が珠玉の『七段目』。

弟子の円太郎師匠、トライアスロン自転車転倒で
肋骨ボキボキ折れちゃって、 しばらく入院してたんだよね。
あっぱれな回復ぶり、あっぱれな高座。
『祇園会』が気持ち良かったなあ。
『子は鎹』も、実人生の親の離婚をホームドラマ仕立てで笑わせて、
おかあちゃん子だった自分と亀ちゃんをダブらせる
私小説風味を足し込んだような工夫が目新しかった。
歌武蔵師匠も、上方の噺『植木屋娘』をみごとにアレンジ。
娘想いの父親の押せ押せキャラが可笑しいったらありゃしない。

小朝師匠の入りを気にしながら演った新作『落選確実』が実にタイムリー。
サゲはベタだけど、歌武蔵的迫力とスピード感があるのでやけにコミカルでいいかんじ。

技も力もありますなあ。


円太郎歌武蔵二人会

ぽっぽ 『動物園』
歌太郎 『猫の茶碗』

円太郎 『祇園会』

歌武蔵 『落選確実』

小朝 『七段目』

お仲入り

円太郎『子は鎹』

夢楽 マジック

歌武蔵 『植木屋娘』


さて、そのまま夜席へ。

末廣亭は、「お直し」と言えば、木戸を出なくても、 そのまま客席後方に並んで待つことができるんだ。
「お直しですか?」って
声をかけられるの。
ちょっと色っぽいじゃないの。

さあて、待ってましたの夜の部は、
文左衛門さんと喬太郎さん。

両師匠とも、
ざっかけなく客席の気持ちに飛び込んで、
和気藹々なマクラから
新たに結界をぴしっと引いて作品世界に入っていく名手。

寄席での掴み込みの笑いも得意中の得意。
しかも、仲良し。ここ大事(笑)。

今日のツカミは
「喬太郎がまだ来ていねえ」

この一言で客席ドッカーン。

長野の学校寄席の旅の途中からかけつける予定。
これが、きちんと段取り通りじゃ
あー、大変だったね、で終わっちゃうんだけど

やってくれますよ、中央本線は。

小動物電車接触で
ほどよい遅刻。

この小さい破綻を、面白可笑しくイジルのが、
文左衛門さんのセンス。

ペーソス感たっぷりに、まるで子供がまんま大人になったような
『笠碁』で爆笑を取った後、
喬太郎さんがまだ来てないことを確認して、ニヤリ。

わか馬くんの得意技、
『ガーコン序』をつなぎでリクエスト。


受けたわか馬くんも、
音曲噺をイロモノかわりに、と
気持ちよさそうに朗々と。
川柳川柳師匠から習って自分流にアレンジした昭和歌謡史の戦前編。
なかなか乙でげす。

そこに、新宿駅から駆け込んだ喬太郎さんが
息急き切って飛び込んでくる。

上手の袖から倒れこむかたち、
仰向けで叫ぶ、

「…あー、すんませーん。 わか馬くん、あと三十分、あ、ちがう、十分、じゃない、七、八分、つないで〜。
お水飲んで着替えっから、 わりい。
お客さますみませーん。」
こんなシーンはなかなか見られない。


その後の『猫久』の素晴らしさ!

いつか、この猫のような久さんが、どうして烈火の如く怒ったか、
元侍で身を落として魚屋になっていた秘密を解き明かす
プレストーリーを作ってもらいたいものです。喬太郎さんには。

そして、嬉しいオマケ!

遅刻のお詫びにと、
千早振るのパロディ小品『オトミ酸』!

さすがだよー、きょーたろさんサービスサンキューさん。

後半の両師匠の高座も、それはそれは温かい包容力のあるものでした。

予期せぬことも愉しみに変えて、
落語はぶれずに絶品!

風流とはこういうことを言うのです。

余韻もいいもの。ね。


文左衛門・喬太郎二人会

小んぶ『堀ノ内』
わか馬『千早振る』

文左衛門『傘碁』

わか馬『ガーコン序』

喬太郎『猫久』
おまけ『オトミ酸』

お仲入り

喬太郎『路地裏の伝説』

文左衛門『竹の水仙』


終演後、表参道、CAYへ。
細野晴臣とチャウチャウキャット

細野さん、コシミハル、鈴木茂、高田漣、伊賀航平、伊藤大地の織りなす
素敵な音に身を任せ、
タイカレーとコロナビール。

最高の月末。

客席にオノヨーコさんもいて、
細野さんの
前立腺とデニスホッパーの話し(笑)
ね、
なかなかない。よね(笑)。
東京のちいさな奇跡、ここにあります。


ジムオルークのバートバカラックトリウ゛ュートはチェックしなくちゃ。


あ、会場でタムくん、ウィーちゃんに会いました。

日付変わって今日6/1から
青山、サンドリーズで

この可愛い二人の個展があります。
昨日の日記に詳細あります。

ぜひ!



UserCPU TIME: 0.0078 sec.