らくご@座
高田文夫事務所松田健次&ざぶとん亭馬場との企画ユニット
らくご@座2017公演
詳しくは↓
らくご@座HP



文蔵・白鳥文七元結ではない文七元結の会
2017.12.5(火)19:00開場 19:30開演
3000円(全席指定)/座・高円寺2
橘家文蔵,三遊亭白鳥




雲助・白酒,縁づくしの会
2017.12.12(火)19:00開場 19:30開演
3500円(全席指定)/座・高円寺2
五街道雲助,桃月庵白酒







左祭~左甚五郎一代記~
2018.2.10(土)/18:00開場 18:30開演
4500円(全席指定)/イイノホール
神田愛山,柳家喬太郎,柳家三三,玉川奈々福,沢村豊子,神田松之丞

詳細はらくご@座HPを覗いてね。
らくご@座HP


===============

あかね書房から、子供から大人まで楽しめる画期的な
落語絵本シリーズが誕生!
あかね書房・古典と新作らくご絵本HP
「古典と新作らくご絵本」
ざぶとん亭ばば監修・編集をさせていただきました。
好評発売中!

古典と新作 らくご絵本 (10)
夢金
立川談春 文/寺門孝之








古典と新作 らくご絵本 (9)
だんご屋政談
春風亭一之輔作/石井聖岳絵/ばばけんいち 編








古典と新作 らくご絵本 (8)
モモリン
立川志の輔作/いぬんこ絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (7)
とのさまと海
三遊亭白鳥作/小原秀一絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (6)
ぬけすずめ
桃月庵白酒文/nakaban絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (5)
りきしの春
春風亭昇太作/本秀康絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (4)
おうじの狐
柳家三文/原マスミ絵/ばばけんいち 編






古典と新作 らくご絵本 (3)
ふどうぼう
林家たい平文/大畑いくの絵/ばばけんいち 編



古典と新作 らくご絵本 (2)
ろじうらの伝説
柳家喬太郎作/ハダタカヒト絵/ばばけんいち 編


I 古典と新作 らくご絵本 (1)
ねっけつ!怪談部
林家彦いち 作/加藤休ミ


定価1,620円 (本体1,500円+税)/小学校低学年以上/ISBN978-4-251-09501-5
落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシ リーズです。1作目は、熱血落語家・林家彦いちの新作落語から。絵は、異能のクレ ヨン画家・加藤休ミ!



RECOMMENDATION! NO.1webRADIO 白酒のキモチ。 SonyMusicDirect

桃月庵白酒師匠の落語&面白トーク!
古典落語、ロック、カウリスマキ、&anythingFantastic!
ざぶとん亭ばば、楽しく聞き手を務めておりまする。

プロモ動画も目が離せないよ。必見ロール!

ぜひ、お聴きくださいね!

白酒のキモチ。


2010/06/03 T先生が白酒道楽亭潜入、白酒バカウケ!

風流日記一覧へ




目玉おやじのT先生ったら 某編集会議が終わるやいなや
となりに座っている僕の袖を
つっつとひっぱり
ニヤニヤしながら横目で合図。

「ばばちゃん、おまえこのあと、なんかあるの?」
「えっと、ちっちゃい落語会が」
「くっくっく、あれだろ、二丁目の道楽亭」
「な、なんで知ってるんすか」
「それがジャーナリストってもんよ、くっくっく」
「かわら版見ただけじゃないすか」
「白酒だろ?な、調べはついてるから。」
「そうですが、なにか?」
「その言い回しは文左衛門、くっくっく」
「えへへ」
「なあ、連れてけよ。」
「え?」
「なあ、俺を連れてけよ」
「え、まじっすか」
「なあ、おれ」
「を連れてきますよー。
でも、スッゴい狭いですよ」
「らくごカフェくらいだろ」
「あれ、先生、らくごカフェ行ったんですか?」
「行ってなくてもわかるの、それがジャーナリスト、くっくっく。
 なあ、行こうぜ」

というわけで

道楽亭のご主人に隅の席を用意してもらい。
無事、殿の芝居見物準備あいととのいます(笑)。

ちょいと近くの行きつけで一杯ひっかけ、
先生が白酒さんに見つからないように
そっと席に着く。

さあ、ここからはめくるめく桃月庵白酒ワールド。

バカのどかな『馬の田楽』で
会場ドッカンドッカン。

続いて、この夏のキラーチューン『船徳』!
今日はショートウ゛ァージョンだから余計テンポがよござんして、
若旦那のツイット&シャウトがめちゃ効き目あったなあ。

船漕ぎ疲れて、ポツンと
「むいてないのかなァ」

やや間があって、突然、
「助けて〜」

客席、ゲハゲハ笑いが止まらない。
先生にもウケてるウケてる。

おいおいだいじょぶかい、あの人は、と船客が心配したとたん
土手の上から黄色い声援
「若旦那〜がんばって!」
とたんに若旦那ひとっ調子声の高さも変わって
歌うし漕ぐし!

大熱演、みごとにはじけた船徳。

先生喜んで、
お仲入りで、まだ息あがってる白酒さんに
「よっ。」
「あれー、いらしてたんですかー、わからなかったー」
「こいつが、行こう行こうって言うから。(笑)
面白いね。」

引率役の僕、ほっとする瞬間。

はまったはまった先生が白酒にはまったはまった、
いひひひひー。

後半の『寝床』もバカウケでございました。

前の一番番頭さんは、
「白いワニが出てくる、と謎の呪文を口走り」

流れ義太に当たって倒れる形はまるで映画の一場面

三味線のおしょさんは
ベンチャーズのパイプラインを弾きまくっているのでありまする。


そんなそんな白酒ワールドなのでした。

どうするどうする!



道楽亭ご主人さま、周りのお客様、わがマイミク美男美女、
無事親孝行ができました。 御礼多謝。

嬉しい僕は、久々ナジャで一、二杯。
安保由夫さんの元気な顔見てホッ。


桃月庵白酒@道楽亭
『馬の田楽』
『船徳』
お仲入り
『寝床』

UserCPU TIME: 0.0078 sec.