らくご@座
高田文夫事務所松田健次&ざぶとん亭馬場との企画ユニット
らくご@座2017公演
詳しくは↓
らくご@座HP


らくご@座・紀伊國屋ホール


   白鳥・三三両極端の会 vol.12
日時 2018.5.1(火)18:30開場 19:00開演
会場  紀伊國屋ホール
出演  三遊亭白鳥 柳家三三
芸風がまったく両極端のふたり
お互いに宿題を出し合いながら
数々の波紋を呼ぶ高座が生まれてきました
かれこれ12回目となります今回の宿題は・・・
    ▽
白鳥「三三への宿題は、
   おれ以外の新作を誰かに稽古つけてもらって~」
    ▽
三三「白鳥アニさんへの宿題は、
   架空の生き物が活躍する噺で~」
    ▽
どうぞご期待ください!
 料金  3500円 (全席指定)
チケット 完売御礼 当日券発売は未定です

詳細はらくご@座HPを覗いてね。
らくご@座HP


===============

あかね書房から、子供から大人まで楽しめる画期的な
落語絵本シリーズが誕生!
あかね書房・古典と新作らくご絵本HP
「古典と新作らくご絵本」
ざぶとん亭ばば監修・編集をさせていただきました。
好評発売中!

古典と新作 らくご絵本 (10)
夢金
立川談春 文/寺門孝之








古典と新作 らくご絵本 (9)
だんご屋政談
春風亭一之輔作/石井聖岳絵/ばばけんいち 編








古典と新作 らくご絵本 (8)
モモリン
立川志の輔作/いぬんこ絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (7)
とのさまと海
三遊亭白鳥作/小原秀一絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (6)
ぬけすずめ
桃月庵白酒文/nakaban絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (5)
りきしの春
春風亭昇太作/本秀康絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (4)
おうじの狐
柳家三文/原マスミ絵/ばばけんいち 編






古典と新作 らくご絵本 (3)
ふどうぼう
林家たい平文/大畑いくの絵/ばばけんいち 編



古典と新作 らくご絵本 (2)
ろじうらの伝説
柳家喬太郎作/ハダタカヒト絵/ばばけんいち 編


I 古典と新作 らくご絵本 (1)
ねっけつ!怪談部
林家彦いち 作/加藤休ミ


定価1,620円 (本体1,500円+税)/小学校低学年以上/ISBN978-4-251-09501-5
落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシ リーズです。1作目は、熱血落語家・林家彦いちの新作落語から。絵は、異能のクレ ヨン画家・加藤休ミ!



RECOMMENDATION! NO.1webRADIO 白酒のキモチ。 SonyMusicDirect

桃月庵白酒師匠の落語&面白トーク!
古典落語、ロック、カウリスマキ、&anythingFantastic!
ざぶとん亭ばば、楽しく聞き手を務めておりまする。

プロモ動画も目が離せないよ。必見ロール!

ぜひ、お聴きくださいね!

白酒のキモチ。


2010/06/11 エンケン〜小満ん、小朝、白酒、小沢昭一

風流日記一覧へ


昨日の日記に
春風亭昇太くん撮影、編集のエンケンムービーがある、と書いたら、
結構反響がありました。
嬉しいですねー。
アーティスト同士が認め合うことで生まれる宇宙があるのです。

好きって大事だ。

さて、今日もYBSラジオでエンケン特集。
僕のエンケン像をストレートに。
曲は『地下鉄の駅へといそぐ夏』『幾つになっても甘かあネエ!』。
エンケン知らない世代にも反響あり!
桜座盛り上がってきました!命燃やすぜー。


本番後、急いで中央高速バス。

日本橋公会堂

春風亭小朝師匠プロデュース
『噺の扉』第二回

今回も味わいのある大人の会。
小沢昭一と柳家小満んという江戸の粋な噺の達人を、 春風亭小朝が毎回テーマを決めて構成する。

毎回、活きの良い若手を起用するのも魅力のひとつ。
そして、今回のテーマは、艶噺。

番組

白酒『転宅』

小朝『唐茄子屋政談』

お仲入り

小沢昭一 随談艶噺、ハモニカ

小満ん『居残り左平次』


まことに乙な噺が、
乙な語り手さんによって繰り広げられる。

白酒師匠から小朝師匠だけでも十二分に満足な、
極上の二席なのに、
圧巻は、
小朝プロデュースの妙、
小沢昭一さんの艶噺から小満ん師匠の絶品、左平次!
老境の風情がなんとも、愛らしくて、
一言喋る度に、
『小沢昭一的こころ』が滲み出てくる。

人形町の元吉原、
明暦の大火の後の
浅草裏の新吉原の話や
深川芸者の丸髷、銀杏返しの話をしながら、
新吉原細見節
かごの鳥
深川節
深川くずし
を鼻歌してくれる。
うれしいねえ、ウキウキしちゃったよ。

お得意のストリップ、
浅草座のムーン冴子

トルコ行進曲
のエピソード等々、

小沢昭一さんの本でも有名な話だが、
やっぱ、ライブで生の声がいいねえ。

最高の語り部!

トルコ行進曲、若い方、わかります?
ベートーヴェンでもモーツァルトでもない、
小沢昭一さんの『トルコ行進曲』(笑)!

その昔、大使館という名前のトルコ風呂があって、
その写真と、
明治通りのほんもののトルコ大使館の写真と並べて、 雑誌に掲載しようとして、
ほんもの大使館の前で、道路に寝そべって撮影してたら
原宿警察に捕まっちゃって、

そんなこんなで、トルコという国名が使えなくなっちゃったんだ、って残念がる(笑)。

たがら、ソープランドっていう呼称のきっかけはあたしです、だって(笑)。

長生きしてね、昭一先生!

さて、小満ん師匠、
えー、小沢先生が吉原のお噺でしたので、
あたしは、ちょいと南の方へご案内

ってな調子も軽やかに、

「八ツ山を越えて南に買いに行く」なんて申しまして と、
北の吉原に対して、南の品川を舞台にした
『居残り左平次』へ。

ほお、乙にこしらえたなあって思うのは
時代が江戸ではなく、
明治後期か大正の設定。

なんともレトロでいいかんじ。

ビールでちょいとうがいして、
あとは日本酒としようか、

なんて台詞も出てくるし、

八ツ山の駅から、朝早くの電車で帰んな、

なんて台詞もある。

昭和三十三年の赤線まで
続いた品川遊廓の歴史もさらっと。
明治、大正時代にも四千人の遊女がいたという。

人物造形も、まことに心得てらっしゃる。
母親思いの遊び人、左平次を
小満ん師匠が嬉々として描く楽しい高座。


小朝師匠のパンフレットによると、
小満ん師匠の『居残り左平次』は、
後輩の噺家さんにもファンが多いという。

わかるねえ、この左平次さん、落語家さんの要素たくさん持ってるもん。


『噺の扉』なんと贅沢な時間でしょう。小朝師匠に感謝。

UserCPU TIME: 0.0078 sec.