らくご@座
高田文夫事務所松田健次&ざぶとん亭馬場との企画ユニット
らくご@座2017公演
詳しくは↓
らくご@座HP



文蔵・白鳥文七元結ではない文七元結の会
2017.12.5(火)19:00開場 19:30開演
3000円(全席指定)/座・高円寺2
橘家文蔵,三遊亭白鳥




雲助・白酒,縁づくしの会
2017.12.12(火)19:00開場 19:30開演
3500円(全席指定)/座・高円寺2
五街道雲助,桃月庵白酒







左祭~左甚五郎一代記~
2018.2.10(土)/18:00開場 18:30開演
4500円(全席指定)/イイノホール
神田愛山,柳家喬太郎,柳家三三,玉川奈々福,沢村豊子,神田松之丞

詳細はらくご@座HPを覗いてね。
らくご@座HP


===============

あかね書房から、子供から大人まで楽しめる画期的な
落語絵本シリーズが誕生!
あかね書房・古典と新作らくご絵本HP
「古典と新作らくご絵本」
ざぶとん亭ばば監修・編集をさせていただきました。
好評発売中!

古典と新作 らくご絵本 (10)
夢金
立川談春 文/寺門孝之








古典と新作 らくご絵本 (9)
だんご屋政談
春風亭一之輔作/石井聖岳絵/ばばけんいち 編








古典と新作 らくご絵本 (8)
モモリン
立川志の輔作/いぬんこ絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (7)
とのさまと海
三遊亭白鳥作/小原秀一絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (6)
ぬけすずめ
桃月庵白酒文/nakaban絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (5)
りきしの春
春風亭昇太作/本秀康絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (4)
おうじの狐
柳家三文/原マスミ絵/ばばけんいち 編






古典と新作 らくご絵本 (3)
ふどうぼう
林家たい平文/大畑いくの絵/ばばけんいち 編



古典と新作 らくご絵本 (2)
ろじうらの伝説
柳家喬太郎作/ハダタカヒト絵/ばばけんいち 編


I 古典と新作 らくご絵本 (1)
ねっけつ!怪談部
林家彦いち 作/加藤休ミ


定価1,620円 (本体1,500円+税)/小学校低学年以上/ISBN978-4-251-09501-5
落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシ リーズです。1作目は、熱血落語家・林家彦いちの新作落語から。絵は、異能のクレ ヨン画家・加藤休ミ!



RECOMMENDATION! NO.1webRADIO 白酒のキモチ。 SonyMusicDirect

桃月庵白酒師匠の落語&面白トーク!
古典落語、ロック、カウリスマキ、&anythingFantastic!
ざぶとん亭ばば、楽しく聞き手を務めておりまする。

プロモ動画も目が離せないよ。必見ロール!

ぜひ、お聴きくださいね!

白酒のキモチ。


2010/06/21 小三治さんの噺。扇橋さんの鼻歌。

風流日記一覧へ

今日は、ひねもす寄席で過ごそう、
そうきめこんで、かわら版。
お、末廣亭は小三治師匠!

昼席開口一番、辰じんくんから
夜席主任の小三治師匠めがけて、
愉しい一日の始まりです。
昼席から夜席まで
名演ぞくぞく、
大看板の師匠方がバランス感覚で軽〜い噺をするってのもたまらない味わい。

グッと来た高座思い出せるだけ並べてみますもんのすけ、

吉窓『大安売り』
雲助師匠『勘定板』
世之介師匠『辰巳の辻占』 小満ん師匠『かぼちゃ屋』 権太楼師匠『金明竹』
円丈師匠『ランゴランゴ』 昼主任の扇遊師匠『妾馬』、すばらしい!

こみち『一目上り』
彦いち代演菊志ん師匠『あくび指南』
禽太夫師匠『蜘蛛篭』
んと、菊志んさんのゲゲゲの髪型と、キンダユーさんのトムハンクス似で、一人ニマニマ。ね、似てるよね?

左楽師匠『馬のす』
正雀師匠『紀州』
円窓師匠『つる』

喜多八師匠『鈴が森』抱腹絶倒テッパン!

〆治師匠『看板のピン』

夜の主任の小三治師匠まで のんびりたゆとう時間が楽しいの。

落語家さんも、色ものさんも全員大当り。
ホームランさんもペペさんもはじけてたなあ。
小菊姉さんは、絶品だし。 贅沢な時が過ぎ行く末廣亭です。


そんなこんなで番組進み、
膝の扇橋師匠が登場してくると
がぜん小三治師匠の世界の扉が大きく開く。

ゆらゆらゆれながら、
小三治師匠のことが好きで好きでしょうがないというオーラいっぱいのおじいちゃま
扇橋師匠が可愛くって可愛くって。

島倉千代子さんはああ見えて寅年なんです、
って言っただけでほのぼのしちゃうし、
先代正蔵のモノマネを扇橋さんがやると
どっちがどっちかわかんなくなくなっちゃってね、
もーたまんないすよ。

落語はやらず、孫の話から
『梅干しの歌』って詩を披露して
また、ゆらゆら揺れながら袖へ帰って行く姿は、
酔狂老人のようであり、
善玉妖怪、小豆洗いのようにも見える(笑)。

ホントにね、小三治さんの守護天使のように見えるんです。ね。

さて、主任の柳家小三治師匠。

出囃子が鳴ってもなかなか出てこない、
楽屋と袖から大きな笑い声が聞こえてくる。

少し遅れて高座に現れると、
えー、久しぶりにやっちゃいましたねー、と照れ笑い。

袖に立って、懐に手を入れたら手拭いと扇子が無い!
あわてて、火鉢の扇橋師匠の前を通って取りに戻ったらしい。

「笑っているんですよ、扇橋さんは、
どうしたの〜?っていいやがんの(笑)。
ねー、なんですか『梅干しの歌』って?」
客席爆笑。

なんでも、楽屋に入ってネタ帳を見て
さて、何をやろうかなと思案しているところに
高座から降りてきた扇橋さんが寄ってきたから、
なに演ったんだい?って聞くと
『梅干しの歌』って
ちっちゃい声でそう言って笑ってるんだって。。

「梅干しの歌ってなんだいって聞いても教えてくれない。
なにがなんだかわからないんです。」(客席大爆笑)

これまでも、
♪空はどうして青いの〜、
とか
『道具屋』の途中で
♪きのう生まれたブタの子が、弾に当たって名誉の戦死〜、
とか
扇橋さんの、わけのわかんないの歌はありましたよー
けど
『梅干しの歌』は初めて。俺の知らない古典落語かなって。(爆笑)

小三治師匠曰く、

あれでも俳句の宗匠でね、
たいした俳人なんです、
と、やなぎ句会の話へ。

最近作った自分の句

大安の日と決まりけり梅雨明ける

を披露。


扇橋師匠も

山奥の大安開くホウの花

と素晴らしい句。

どうです、あたしのがいいでしょ?
でも、あいつのが断然上手い、あいつは名人と、
扇橋師匠をもちあげつつ、
最近は、句会で読み上げてもなーに喋ってんだかわかんない、
まだ永六輔さんのがわかります、とからかう表情に、愛情あり。

そして、ひとしきり俳句のエピソード披露すると、
少し真面目な顔で、
扇橋さんのことを、

ああ見えても、若い頃は
先代の三木助師匠にきびしく育てられ
師匠がお亡くなりになって
兄弟分の小さん師匠の弟子で来た時は真面目でね。
と、しばし回想。

だけどあれだね、
キビシク育てられれば育てられるほど
変な弟子が育っちゃうね、
三木助師匠の弟子の扇橋、
あのキビシイ圓正師匠にだって、マラゲーーニャなんて弟子がいるんだから、

とマクラの終わりで爆笑をとっておいて、
入った噺が
『宗論』。

ね、キビシイ親に、コノ子あり。

小三治師匠の発想に鳥肌の立ちました。

この日は、高座にあがった時には演目は白紙の状態だったからね。
驚きです!おみごと!

そして、その『宗論』が、
独特のアレンジで、可笑しいったらありゃしない。

小三治師匠の風流に、
今日一日が包まれる。素敵です。
この芝居、また、行こうっと。


〜〜〜

一緒に夜席を楽しんでいた
『落語ファン倶楽部』の編集チーフの田村氏から
嬉しいメール↓

うめぼしのうた ネットで発見しました〜
尋常小学校時代の教科書に掲載されていたとか 

「うめぼしのうた」
二月三月花ざかり、
うぐひす鳴いた春の日の
たのしい時もゆめのうち。 五月六月実がなれば、
枝からふるひおとされて、 きんじょの町へ持出され、 何升何合はかり売り。
もとよりすっぱいこのからだ、
しほにつかってからくなり、
しそにそまって赤くなり、 七月八月あついころ、
三日三ばんの土用ぼし、
思へばつらいことばかり、 それもよのため、人のため。
しわはよってもわかい気で、
小さい君らのなかま入、
うんどう会にもついて行く。
ましていくさのその時は、 なくてはならぬこのわたし。

UserCPU TIME: 0.0078 sec.