らくご@座
高田文夫事務所松田健次&ざぶとん亭馬場との企画ユニット
らくご@座2017公演
詳しくは↓
らくご@座HP


らくご@座・紀伊國屋ホール


   白鳥・三三両極端の会 vol.12
日時 2018.5.1(火)18:30開場 19:00開演
会場  紀伊國屋ホール
出演  三遊亭白鳥 柳家三三
芸風がまったく両極端のふたり
お互いに宿題を出し合いながら
数々の波紋を呼ぶ高座が生まれてきました
かれこれ12回目となります今回の宿題は・・・
    ▽
白鳥「三三への宿題は、
   おれ以外の新作を誰かに稽古つけてもらって~」
    ▽
三三「白鳥アニさんへの宿題は、
   架空の生き物が活躍する噺で~」
    ▽
どうぞご期待ください!
 料金  3500円 (全席指定)
チケット 完売御礼 当日券発売は未定です

詳細はらくご@座HPを覗いてね。
らくご@座HP


===============

あかね書房から、子供から大人まで楽しめる画期的な
落語絵本シリーズが誕生!
あかね書房・古典と新作らくご絵本HP
「古典と新作らくご絵本」
ざぶとん亭ばば監修・編集をさせていただきました。
好評発売中!

古典と新作 らくご絵本 (10)
夢金
立川談春 文/寺門孝之








古典と新作 らくご絵本 (9)
だんご屋政談
春風亭一之輔作/石井聖岳絵/ばばけんいち 編








古典と新作 らくご絵本 (8)
モモリン
立川志の輔作/いぬんこ絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (7)
とのさまと海
三遊亭白鳥作/小原秀一絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (6)
ぬけすずめ
桃月庵白酒文/nakaban絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (5)
りきしの春
春風亭昇太作/本秀康絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (4)
おうじの狐
柳家三文/原マスミ絵/ばばけんいち 編






古典と新作 らくご絵本 (3)
ふどうぼう
林家たい平文/大畑いくの絵/ばばけんいち 編



古典と新作 らくご絵本 (2)
ろじうらの伝説
柳家喬太郎作/ハダタカヒト絵/ばばけんいち 編


I 古典と新作 らくご絵本 (1)
ねっけつ!怪談部
林家彦いち 作/加藤休ミ


定価1,620円 (本体1,500円+税)/小学校低学年以上/ISBN978-4-251-09501-5
落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシ リーズです。1作目は、熱血落語家・林家彦いちの新作落語から。絵は、異能のクレ ヨン画家・加藤休ミ!



RECOMMENDATION! NO.1webRADIO 白酒のキモチ。 SonyMusicDirect

桃月庵白酒師匠の落語&面白トーク!
古典落語、ロック、カウリスマキ、&anythingFantastic!
ざぶとん亭ばば、楽しく聞き手を務めておりまする。

プロモ動画も目が離せないよ。必見ロール!

ぜひ、お聴きくださいね!

白酒のキモチ。


2010/06/23 談笑さんのハッピーエンディングが心地よい『三味線栗毛』

風流日記一覧へ

勢いあるねえ立川談笑さん。
聴いてると、なーんた楽になるんだよなー。
日常のアオトオブバーンズっつーか、
思考停止感覚っつーか、
自由!っっつーか。

久々に聴く 談笑版『青菜』、『たが屋』
おもわず、ぷっと吹き出す度に
こころのストレスがぷっと抜ける。

青菜の大店の奥様なんか、腰ミノ巻いた南方美人だし、
植木屋の女房は押し入れで暑くて貧血起こしちゃって瀕死だし、
たが屋はがんばり過ぎて侍やっつけた後、花火観客何千人をやっつけちゃう。
軽やか軽やか。

簡単にはポピュラリティを目指さないゾみたいな魅力っていうのかな。
でも、エグミがほどよくPOPだから聴いていて心地よい。

今日、お!すげえなあ、って思ったのが
ネタおろしの『三味線栗毛』。

この噺はいろんな解釈や演出で
盲目の按摩、錦木が、悲しい最期になったり、
助かって検校になるにせよ、人情噺的に深く描かれる。

とーころが、談笑さんの『三味線栗毛』には、
遠山の金さんはお忍びで出てるし、
かーるいかーるい。
なので、
聴きやすい聴きやすい。

なんでも、放送作家の石井徹也さんのアイディアを
形にしたのだという。

石井氏の発想とは、この噺を『井戸の茶碗』のような
「侍と町人の良い噺」とする方法論で、確かに優れている。
人物造詣や、シーンにくっきりと表れるドラマ性がある。

つまり、かーるいばかりでは、もちろんないのであーーる。

でも、タっチが軽妙。
そこが、痛快。

そんなこんなで『三味線栗毛』をハッピーエンドにして拍手喝采!

最後の挨拶
「笑芸人 から取材が来ました。
高田文夫先生がやっとこっちを向いてくれた気がして嬉しいです。」
という発言あり。
おー、うれしいねえ。

「今まで、ちょっと腰が引けていましたが
自分でいいものを作っている自信はあります。
家元を見習って言うと、良い落語やってます僕、だからまた来て下さい。」

この謙虚さもスジガネ入りっす。かっこいい!



立川談笑独演会 国立演芸場

『青菜』
 粋曲『大津絵』
『たが屋』
お仲入り
『三味線栗毛』





〜〜〜〜〜〜↓告知です〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

6/26らくご@座・高円寺先行予約は、このHPからですよーーー。

公演詳細はざぶとん亭ニュース欄で!




UserCPU TIME: 0.0078 sec.