らくご@座
高田文夫事務所松田健次&ざぶとん亭馬場との企画ユニット
らくご@座2017公演
詳しくは↓
らくご@座HP


らくご@座・紀伊國屋ホール


   白鳥・三三両極端の会 vol.12
日時 2018.5.1(火)18:30開場 19:00開演
会場  紀伊國屋ホール
出演  三遊亭白鳥 柳家三三
芸風がまったく両極端のふたり
お互いに宿題を出し合いながら
数々の波紋を呼ぶ高座が生まれてきました
かれこれ12回目となります今回の宿題は・・・
    ▽
白鳥「三三への宿題は、
   おれ以外の新作を誰かに稽古つけてもらって~」
    ▽
三三「白鳥アニさんへの宿題は、
   架空の生き物が活躍する噺で~」
    ▽
どうぞご期待ください!
 料金  3500円 (全席指定)
チケット 完売御礼 当日券発売は未定です

詳細はらくご@座HPを覗いてね。
らくご@座HP


===============

あかね書房から、子供から大人まで楽しめる画期的な
落語絵本シリーズが誕生!
あかね書房・古典と新作らくご絵本HP
「古典と新作らくご絵本」
ざぶとん亭ばば監修・編集をさせていただきました。
好評発売中!

古典と新作 らくご絵本 (10)
夢金
立川談春 文/寺門孝之








古典と新作 らくご絵本 (9)
だんご屋政談
春風亭一之輔作/石井聖岳絵/ばばけんいち 編








古典と新作 らくご絵本 (8)
モモリン
立川志の輔作/いぬんこ絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (7)
とのさまと海
三遊亭白鳥作/小原秀一絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (6)
ぬけすずめ
桃月庵白酒文/nakaban絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (5)
りきしの春
春風亭昇太作/本秀康絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (4)
おうじの狐
柳家三文/原マスミ絵/ばばけんいち 編






古典と新作 らくご絵本 (3)
ふどうぼう
林家たい平文/大畑いくの絵/ばばけんいち 編



古典と新作 らくご絵本 (2)
ろじうらの伝説
柳家喬太郎作/ハダタカヒト絵/ばばけんいち 編


I 古典と新作 らくご絵本 (1)
ねっけつ!怪談部
林家彦いち 作/加藤休ミ


定価1,620円 (本体1,500円+税)/小学校低学年以上/ISBN978-4-251-09501-5
落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシ リーズです。1作目は、熱血落語家・林家彦いちの新作落語から。絵は、異能のクレ ヨン画家・加藤休ミ!



RECOMMENDATION! NO.1webRADIO 白酒のキモチ。 SonyMusicDirect

桃月庵白酒師匠の落語&面白トーク!
古典落語、ロック、カウリスマキ、&anythingFantastic!
ざぶとん亭ばば、楽しく聞き手を務めておりまする。

プロモ動画も目が離せないよ。必見ロール!

ぜひ、お聴きくださいね!

白酒のキモチ。


2010/10/12 びっくりしたあ?三三師匠の任侠流れの豚次!

風流日記一覧へ

らくご@座・紀伊國屋秋ふかし公演
まずは初日
『白鳥・三三両極端の会vol.3』
たくさんのご来場ありがとうございました、ブヒブヒ、モーモー。


冒頭のファンの質問コーナーから爆笑の渦。

三三「(質問ハガキ読む)あしたの圓生トリヴュートにもご出演の白鳥師匠ですが、
トリヴュートってどういう意味ですか?」

白鳥「えー、トリビアの泉ってあったから、
発見?!」 (爆笑)

〜〜

三三「ところで、兄さん、圓生師匠ではどんな根多が好き?」

白鳥「俺、観たことなあいだろ(笑)
あ、でも、この間、YOU-TUBEで圓生師匠の『淀五郎』初めて観た。
三三知ってる?
圓生師匠って上手だよ。」(爆笑)

三三「…ア、アニさん…」(爆笑)

白鳥「あのね、所作がうまいね。あのチュルチュルチュルっていうやつ、、」
三三「あれはね、兄さん、九寸五分に見立てて、手拭いを巻く所作でしょ。」(笑)

白鳥「よく知ってるねえ、三三くんは」(爆笑)


絶妙な三三のつっこみ!
巧みな白鳥のボケ。
二人トークの息ピッタリ。

で、今夜のご趣向は、、、
古典の名手、柳家三三師匠が、
新作の異才、三遊亭白鳥師匠の代表作『任侠流山動物園』をかける!
オープニングトークで発表した瞬間のお客様の驚きたるや(笑)!

一斉に「えーーーーーっ!」


きっちりした江戸前の活舌で、
任侠流れの豚次の波乱万丈を、
三三師匠が原作をみごとにブラッシュアップして
一味ちがう高座に。

ギャグ満載、展開の巧みさの白鳥作品を、
江戸前の啖呵や所作で、
丁寧に描くことで、見えてくるドラマ性。

あー、すげえ作品なんだなあ、と再認識と、
おー、こんな描き方もあるんだ、という感動。

しかし、改めて思うのは、 白鳥作品の台本の完成度のみごとな高さ。

高座にのたうちまわったり、動物キャラをコミカルに体当たりしたり、講釈台まで仕込んで修羅場を加えた三三師匠の熱演を
袖で、満足そうに見つめる白鳥兄貴!

いやあ、楽しかった。

以下、任侠、流れの豚次の三部作なり、まずは、ご報告ブヒー。

白鳥 『上野掛け取り動物園』

三三 『任侠流山動物園』
お仲入り

白鳥 『雨のベルサイユ』
エンディングトーク

あしたもよろしくモー。

あちたもよろケコー。

らくご@座・紀伊國屋秋ふかし公演

あした(日付変わって今日10/13だ!)
昼3時、夜7時

昭和の大名人、故圓生師匠と、現在の名人とのリレー落語!
ぜひご来場下さい。

市馬(昼『掛取り万歳』)、
志らく(夜『死神』)、
白鳥(昼、夜『聖橋』これは『淀五郎』『中村仲蔵』の改作!)
のリレー落語です。

まさに、あの世とこの世のパラレルワールド!

昼、兼好師匠、
夜、王楽師匠も
三遊派として圓生師匠由来の一席という
まっことに、オツな番組でげす。

当日券あります!
お待ちしてるよブヒブヒ〜。

(↓携帯にて袖から。写真転載はしないでね。)






























UserCPU TIME: 0.0000 sec.