らくご@座
高田文夫事務所松田健次&ざぶとん亭馬場との企画ユニット
らくご@座2017公演
詳しくは↓
らくご@座HP





2017.3.29白鳥・三三両極端の会vol.11




2017.4.28柳家小満んを扇辰・喬太郎がふたり占め

詳細はらくご@座HPを覗いてね。
らくご@座HP


===============

あかね書房から、子供から大人まで楽しめる画期的な
落語絵本シリーズが誕生!
あかね書房・古典と新作らくご絵本HP
「古典と新作らくご絵本」
ざぶとん亭ばば監修・編集をさせていただきました。
好評発売中!

古典と新作 らくご絵本 (10)
夢金
立川談春 文/寺門孝之








古典と新作 らくご絵本 (9)
だんご屋政談
春風亭一之輔作/石井聖岳絵/ばばけんいち 編








古典と新作 らくご絵本 (8)
モモリン
立川志の輔作/いぬんこ絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (7)
とのさまと海
三遊亭白鳥作/小原秀一絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (6)
ぬけすずめ
桃月庵白酒文/nakaban絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (5)
りきしの春
春風亭昇太作/本秀康絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (4)
おうじの狐
柳家三文/原マスミ絵/ばばけんいち 編






古典と新作 らくご絵本 (3)
ふどうぼう
林家たい平文/大畑いくの絵/ばばけんいち 編



古典と新作 らくご絵本 (2)
ろじうらの伝説
柳家喬太郎作/ハダタカヒト絵/ばばけんいち 編


I 古典と新作 らくご絵本 (1)
ねっけつ!怪談部
林家彦いち 作/加藤休ミ


定価1,620円 (本体1,500円+税)/小学校低学年以上/ISBN978-4-251-09501-5
落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシ リーズです。1作目は、熱血落語家・林家彦いちの新作落語から。絵は、異能のクレ ヨン画家・加藤休ミ!



RECOMMENDATION! NO.1webRADIO 白酒のキモチ。 SonyMusicDirect

桃月庵白酒師匠の落語&面白トーク!
古典落語、ロック、カウリスマキ、&anythingFantastic!
ざぶとん亭ばば、楽しく聞き手を務めておりまする。

プロモ動画も目が離せないよ。必見ロール!

ぜひ、お聴きくださいね!

白酒のキモチ。


2010/10/13 圓生パラレルワールド!あの世の名人、この世の名人!

風流日記一覧へ

昭和の大名人、あの世の六代目三遊亭圓生師匠と、
今をときめく落語家さんとの競演。

パラレル、パラレル、パラレルワールド♪

相対性理論ならそんな感じで歌いそう(笑)。

らくご@座・紀伊國屋
秋ふかし公演、二日目、
『六代目三遊亭圓生トリヴュート』

圓生〜市馬・圓生〜志らくの、みごとなリレー落語と 圓生×白鳥のごきげんなコラボレーション!

不思議な体験でしたでしょ?いらした方々(笑)。

古典落語のテキストとでもいうべき圓生師匠の魅力を、
今を盛りの三師匠が継承、増幅、そして変換すると、 どうなるのか聴いて聴いて!っていうのがテーマだったからね、
貴重な企画だったと思います。

圓生師匠への想いも重ねて、
楽屋で、出番の直前まで、ああしよう、こうしようと演題を考えてくれて、
楽しいオープニングを飾ってくれた
兼好師匠、王楽師匠!

トークの構成を考え、高座でぶつけて拍手や笑いをもらって喜ぶ各師匠方。

テーマが浸透して、演者さんとお客さんと
一緒に名人圓生師匠をトリヴュートできて楽しかったよ。

リレー落語、
圓生師匠と市馬師匠の『掛取り万歳』は
圓生師匠一世一代の歌舞伎座独演会で掛けた
十八番中の十八番。
得意の義太夫が冴え渡る!
一方、喉自慢市馬師匠の『掛取り万歳』も、
歌舞伎、三橋美智也、三河万歳が珠玉!
何年か前の暮れのにぎわい座、市馬勢朝二人会で、この噺をかけると聞いた談春師匠が、これは見逃せないと聴きにきて、
あまりのみごとな市馬師匠の『掛取り万歳』を聴いて、
「あんな凄いの聴いちゃったら、この噺はできないよー。」と称賛したほど!

志らく師匠の『死神』も
圓朝作の西洋哲学の影響まで鑑み、
自らのサゲの工夫も効いた深い味わいの後半をみごとに演じた。


そして、白鳥さんは、『淀五郎』『中村仲蔵』を下敷きにした
現代に生きる若者落語家の芸道の苦難を
実名落語家あまた登場させて描く
『聖橋』!
みごとにコラボ。

それぞれのトリヴュートでした!




兼好『八九升』

白鳥、市馬『落語研究会みたいなトーク』

圓生『掛取り万歳』冒頭〜義太夫終わりまで、(映写)

市馬『掛取り万歳』芝居、三橋美智也、三河万歳〜サゲ

お仲入り

兼好、白鳥『落語研究会みたいなトーク』

圓生『淀五郎』噺中盤、悩む淀五郎が中村仲蔵に相談する下り。

白鳥『聖橋』




王楽『しの字嫌い』

白鳥、志らく『落語研究会みたいなトーク』

圓生『死神』前半

志らく『死神』後半

お仲入り

王楽、白鳥『落語研究会みたいなトーク』

圓生『淀五郎』

白鳥『聖橋』


圓生師匠を聴いた後に、僕って、
大間のマグロを食べた後に魚肉ソーセージを食べるようなもの、
と言いのける白鳥さんの言葉に
大笑い!

でも、白鳥さんの偉大さは、そんな謙虚の極みみたいなことを喋っても、
きちんと創作魂をぶつけてくれること。天才です、白鳥さん!


良い会でした。










































UserCPU TIME: 0.0156 sec.