らくご@座
高田文夫事務所松田健次&ざぶとん亭馬場との企画ユニット
らくご@座2017公演
詳しくは↓
らくご@座HP


らくご@座・紀伊國屋ホール


   白鳥・三三両極端の会 vol.12
日時 2018.5.1(火)18:30開場 19:00開演
会場  紀伊國屋ホール
出演  三遊亭白鳥 柳家三三
芸風がまったく両極端のふたり
お互いに宿題を出し合いながら
数々の波紋を呼ぶ高座が生まれてきました
かれこれ12回目となります今回の宿題は・・・
    ▽
白鳥「三三への宿題は、
   おれ以外の新作を誰かに稽古つけてもらって~」
    ▽
三三「白鳥アニさんへの宿題は、
   架空の生き物が活躍する噺で~」
    ▽
どうぞご期待ください!
 料金  3500円 (全席指定)
チケット 完売御礼 当日券発売は未定です

詳細はらくご@座HPを覗いてね。
らくご@座HP


===============

あかね書房から、子供から大人まで楽しめる画期的な
落語絵本シリーズが誕生!
あかね書房・古典と新作らくご絵本HP
「古典と新作らくご絵本」
ざぶとん亭ばば監修・編集をさせていただきました。
好評発売中!

古典と新作 らくご絵本 (10)
夢金
立川談春 文/寺門孝之








古典と新作 らくご絵本 (9)
だんご屋政談
春風亭一之輔作/石井聖岳絵/ばばけんいち 編








古典と新作 らくご絵本 (8)
モモリン
立川志の輔作/いぬんこ絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (7)
とのさまと海
三遊亭白鳥作/小原秀一絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (6)
ぬけすずめ
桃月庵白酒文/nakaban絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (5)
りきしの春
春風亭昇太作/本秀康絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (4)
おうじの狐
柳家三文/原マスミ絵/ばばけんいち 編






古典と新作 らくご絵本 (3)
ふどうぼう
林家たい平文/大畑いくの絵/ばばけんいち 編



古典と新作 らくご絵本 (2)
ろじうらの伝説
柳家喬太郎作/ハダタカヒト絵/ばばけんいち 編


I 古典と新作 らくご絵本 (1)
ねっけつ!怪談部
林家彦いち 作/加藤休ミ


定価1,620円 (本体1,500円+税)/小学校低学年以上/ISBN978-4-251-09501-5
落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシ リーズです。1作目は、熱血落語家・林家彦いちの新作落語から。絵は、異能のクレ ヨン画家・加藤休ミ!



RECOMMENDATION! NO.1webRADIO 白酒のキモチ。 SonyMusicDirect

桃月庵白酒師匠の落語&面白トーク!
古典落語、ロック、カウリスマキ、&anythingFantastic!
ざぶとん亭ばば、楽しく聞き手を務めておりまする。

プロモ動画も目が離せないよ。必見ロール!

ぜひ、お聴きくださいね!

白酒のキモチ。


2011/02/13 衝撃、SWA 重大発表!

風流日記一覧へ


下北沢、本多劇場。

今回も素晴らしかったSWA!
終演後、ステージに四人集まり、

今回の公演をおもしろおかしく振り返り、ひとしきり客席を笑わせた後、

昇太さんが「ここからがご報告」
と重大発表におよぼうとすると、

すかさず、喬太郎さんから、
7月25月26火27水の次回SWA公演の知らせ。
一旦、喜びを増殖。

実はこれが、すぐ後に発表される事実の衝撃緩衝の気配りだった。

昇太さん「SWAを始めて七年、足掛け八年かな。それぞれの活動も忙しくなり今後のことを考えて、
とりあえず第一期SWAを休止します。
今年いっぱいの活動とします。」

,客席から信じられない、信じたくない、驚きの声が起こった。

公演自体は、SWAファイナルという形で、11/28から12/04まで、本多劇場で行われることも併せて発表されると、
解散が実感として客席のひとりひとりに伝わり、
この突然の報告に、とまどいや残念さをどう表現したらいいのかわからないといった反応であった。

実は、僕はかなり以前にこのことをうかがっていたのだが
実際、舞台で発表されると感慨無量だ。

創作落語の金字塔的大仕事を数々残し、
笑いの高い質やヴァリエーションを驚きとして提示してくれた。
すげえやつらだぜ、SWAはよー。

僕はSWAが大好きだよ。自慢の友人。尊敬する男たち。
才能溢れるアーティスト、誇るべき芸人であり、
創作魂の源泉掛け流し的高座は落語界の宝です。

でもね、始まりがあれば終わりが来る。
彼らが、この年末までどんな高座を創造してくれるかすげえ楽しみだし、

解散しなけりゃ再結成もできないよね。

大きな拍手と祝福でSWAのラストランが包まれるように
一緒に通おうよ。

打ち上げで、晴れ晴れしたSWAひとりひとりの顔を眺めながら、
もうすでに種の蒔かれているそれぞれの計画、頼もしいし、新しいし、興味ありありだ。

彦いち百本組み手は
十年越しの壮大な戦いの始まりだぜ。


今回の公演演目は下の写真のとおりです。

喬太郎さんは、昇太作品のリニューアル。
横浜の女郎から、質屋の奉公人にモテモテおみっちゃん設定を変え、
結婚祝いで、見世物小屋の駱駝を見せてあげたいさんばか男のドタバタ喜劇!

昇太さんは、夢枕獏先生が喬太郎さんに書き下ろした悲恋ものを
母子の設定に変えて、見事な悲喜劇の落語らしい作品に仕立てた。

白鳥さんは、落語ファン倶楽部のSWA三題噺のリニューアル。
北陸の田舎町の近未来、地球温暖化と大手スーパーの打撃でさびれてしまった商店街に起こる奇跡。奇想天外な超ぶっとんだ発想の白鳥ワールド。
地口オチの面白さがキラリ。

彦いちさんは、喬太郎作品の八月下旬をリニューアル。
散文詩的な情緒に、笑いも盛り込み、
現代版初天神的、難易度の高いテクニックで笑える作品にした。
この作品は、卒業もテーマにしており、今回の解散宣言を暗喩することにもなった。


SWA解散ちょっぴり淋しいが、惜しみない拍手を最後まで送ろうね。



UserCPU TIME: 0.0000 sec.