らくご@座
高田文夫事務所松田健次&ざぶとん亭馬場との企画ユニット
らくご@座2017公演
詳しくは↓
らくご@座HP


らくご@座・紀伊國屋ホール


   白鳥・三三両極端の会 vol.12
日時 2018.5.1(火)18:30開場 19:00開演
会場  紀伊國屋ホール
出演  三遊亭白鳥 柳家三三
芸風がまったく両極端のふたり
お互いに宿題を出し合いながら
数々の波紋を呼ぶ高座が生まれてきました
かれこれ12回目となります今回の宿題は・・・
    ▽
白鳥「三三への宿題は、
   おれ以外の新作を誰かに稽古つけてもらって~」
    ▽
三三「白鳥アニさんへの宿題は、
   架空の生き物が活躍する噺で~」
    ▽
どうぞご期待ください!
 料金  3500円 (全席指定)
チケット 完売御礼 当日券発売は未定です

詳細はらくご@座HPを覗いてね。
らくご@座HP


===============

あかね書房から、子供から大人まで楽しめる画期的な
落語絵本シリーズが誕生!
あかね書房・古典と新作らくご絵本HP
「古典と新作らくご絵本」
ざぶとん亭ばば監修・編集をさせていただきました。
好評発売中!

古典と新作 らくご絵本 (10)
夢金
立川談春 文/寺門孝之








古典と新作 らくご絵本 (9)
だんご屋政談
春風亭一之輔作/石井聖岳絵/ばばけんいち 編








古典と新作 らくご絵本 (8)
モモリン
立川志の輔作/いぬんこ絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (7)
とのさまと海
三遊亭白鳥作/小原秀一絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (6)
ぬけすずめ
桃月庵白酒文/nakaban絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (5)
りきしの春
春風亭昇太作/本秀康絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (4)
おうじの狐
柳家三文/原マスミ絵/ばばけんいち 編






古典と新作 らくご絵本 (3)
ふどうぼう
林家たい平文/大畑いくの絵/ばばけんいち 編



古典と新作 らくご絵本 (2)
ろじうらの伝説
柳家喬太郎作/ハダタカヒト絵/ばばけんいち 編


I 古典と新作 らくご絵本 (1)
ねっけつ!怪談部
林家彦いち 作/加藤休ミ


定価1,620円 (本体1,500円+税)/小学校低学年以上/ISBN978-4-251-09501-5
落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシ リーズです。1作目は、熱血落語家・林家彦いちの新作落語から。絵は、異能のクレ ヨン画家・加藤休ミ!



RECOMMENDATION! NO.1webRADIO 白酒のキモチ。 SonyMusicDirect

桃月庵白酒師匠の落語&面白トーク!
古典落語、ロック、カウリスマキ、&anythingFantastic!
ざぶとん亭ばば、楽しく聞き手を務めておりまする。

プロモ動画も目が離せないよ。必見ロール!

ぜひ、お聴きくださいね!

白酒のキモチ。


2013/03/03 うちあげのこぼれ話 落語教育委員会と田中泯

風流日記一覧へ

喜多八、歌武蔵、喬太郎のすご腕三師匠による
最強落語ユニット落語教育委員会

春の嵐のような御陽気な爆笑を起こし、そして秋田へと北上していきました。
東北で2公演だそうです。追っかけたかった。

そういえば、新潟で 白鳥、昇太、喬太郎、彦いち って顔付けがあるんだよね。
SWAじゃないけど、おー、この四師匠が集まればそらあもう、、
行きたいなあ。。

ぐうぜん。ぐうぜん、しぜんにおこるのがいいのよね。。さわがずともよし、ぐうぜん こそ ふうりゅうなり。。  
ぐうぜんのきろく っていうサケロックのナイスな映像もあるがごとき。なんのこっちゃ。

あ、そいで、きのうのね、
落語教育委員会のこぼればなしひとつ。

会場と打ち上げにね、
我が尊敬の 田中泯さんが来てくれた。

もちろん、喬太郎師匠に会うために。
実は、先月の終わりに中野plan-Bで泯さんの素晴らしい舞台があって、
そこで落語教育委員会を山梨でやると伝えたら、
お、いいね!と極上の一升瓶を抱えて駆けつけてくれた。

打ち上げの席で、歌武蔵師匠と喜多八師匠に
田中泯さんをどう紹介しようか迷って。

つまり、僕の尊敬する世界的ダンサー、とか、俳優としてのキャリアや、喬太郎さんの落語と一緒に素晴らしい踊りをやってくれた、とか、名声的なことを言うと
初めての師匠方も、泯さん本人も気を使うし、
打ち上げが固くなるといけないから、と
気配りしたつもりのオレの紹介

あ、こちら、ぼくの友人の田中泯さん、山梨で農業しながら、世界中に踊りにいってたりします。。

大尊敬の世界の田中泯を友達呼ばわり、、
ま、泯さんもそのつもりでいてくれるから、これでもいいことはいいのだが、

ここで、いいタイミングで、喬太郎さんが助け舟。
ほどよく、きちんと紹介してくれて、
田中泯さんと喜多八、歌武蔵師匠の距離感もぐーーっと縮まり、

男同志の話題に花が咲き

そらあもう和気藹々。

下ネタから始まって、煙草、昭和のあれこれ、大鵬、八波むとし、いろんな話題で盛り上がった
宴席の終盤、

歌武蔵師匠が、最近読んだベストセラー
『永遠のゼロ』のことを熱く語り出す。
さすが喋りのプロ、原作の面白味を存分に伝えてくれる。

大戦中にゼロ戦乗りだった祖父のことを知るために生き証人への取材形式で綴る
戦争の中を生きなければならなかった人間のドラマ。
涙なくしては語れないこの本の感想を、
涙と真逆に爆笑トークできるのも歌武蔵師匠ならでは!

でね、奇跡みたいな会話が起きたのは、この直後。

歌武蔵「わたしね、この小説に出てくるすげえ渋い男がいてね。生き延びて生還して、戦後にヤクザになったやつなんだけど。景浦介山っていう男、こいつのことが気になってしょうがない。こういう男、好きなんですよ。」
泯「ほお。。」
歌武蔵「こんど、この『永遠のゼロ』が映画になるんですよ。俺のお気に入りの景浦介山の役、だれが演るんだろうなあって楽しみなんですよ。」
泯「 …、、その役、、オレが演るんです。」
歌武蔵、一同「えーーーーーーー!!!!!!!」


すげえでしょ。この話し。もちろんノンフィクションです。


講談社文庫『永遠のゼロ』百田尚樹著 オススメです。






UserCPU TIME: 0.0156 sec.