らくご@座
高田文夫事務所松田健次&ざぶとん亭馬場との企画ユニット
らくご@座2017公演
詳しくは↓
らくご@座HP


らくご@座・紀伊國屋ホール


   白鳥・三三両極端の会 vol.12
日時 2018.5.1(火)18:30開場 19:00開演
会場  紀伊國屋ホール
出演  三遊亭白鳥 柳家三三
芸風がまったく両極端のふたり
お互いに宿題を出し合いながら
数々の波紋を呼ぶ高座が生まれてきました
かれこれ12回目となります今回の宿題は・・・
    ▽
白鳥「三三への宿題は、
   おれ以外の新作を誰かに稽古つけてもらって~」
    ▽
三三「白鳥アニさんへの宿題は、
   架空の生き物が活躍する噺で~」
    ▽
どうぞご期待ください!
 料金  3500円 (全席指定)
チケット 完売御礼 当日券発売は未定です

詳細はらくご@座HPを覗いてね。
らくご@座HP


===============

あかね書房から、子供から大人まで楽しめる画期的な
落語絵本シリーズが誕生!
あかね書房・古典と新作らくご絵本HP
「古典と新作らくご絵本」
ざぶとん亭ばば監修・編集をさせていただきました。
好評発売中!

古典と新作 らくご絵本 (10)
夢金
立川談春 文/寺門孝之








古典と新作 らくご絵本 (9)
だんご屋政談
春風亭一之輔作/石井聖岳絵/ばばけんいち 編








古典と新作 らくご絵本 (8)
モモリン
立川志の輔作/いぬんこ絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (7)
とのさまと海
三遊亭白鳥作/小原秀一絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (6)
ぬけすずめ
桃月庵白酒文/nakaban絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (5)
りきしの春
春風亭昇太作/本秀康絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (4)
おうじの狐
柳家三文/原マスミ絵/ばばけんいち 編






古典と新作 らくご絵本 (3)
ふどうぼう
林家たい平文/大畑いくの絵/ばばけんいち 編



古典と新作 らくご絵本 (2)
ろじうらの伝説
柳家喬太郎作/ハダタカヒト絵/ばばけんいち 編


I 古典と新作 らくご絵本 (1)
ねっけつ!怪談部
林家彦いち 作/加藤休ミ


定価1,620円 (本体1,500円+税)/小学校低学年以上/ISBN978-4-251-09501-5
落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシ リーズです。1作目は、熱血落語家・林家彦いちの新作落語から。絵は、異能のクレ ヨン画家・加藤休ミ!



RECOMMENDATION! NO.1webRADIO 白酒のキモチ。 SonyMusicDirect

桃月庵白酒師匠の落語&面白トーク!
古典落語、ロック、カウリスマキ、&anythingFantastic!
ざぶとん亭ばば、楽しく聞き手を務めておりまする。

プロモ動画も目が離せないよ。必見ロール!

ぜひ、お聴きくださいね!

白酒のキモチ。


2015/07/26 白酒さん談春さん、喬太郎さんと田中泯さん

風流日記一覧へ

ついついツイッター〜facebookばかりで、
日記がおろそかになっちゃってますなあ。がんばれ、オレ。

久しぶりに、喬太郎さんと田中泯さんのことを書き留めておかなければ!

今月も素晴らしい落語会にたいくさん出会った、
7/19盛夏吉例圓朝祭二日目 「かぼちゃや」一之輔/「酢豆腐」遊馬/「締め込み」三三
圓朝作〝名人長二〟より「仏壇叩き」喬太郎 /「蛇含草」木久扇
圓朝作〝名人長二〟より「清兵衛縁切り」雲助
  文句無し、豪華リレー!ほれぼれ!


7/22桃月庵白酒師匠『白酒ひとり』『あくび指南』『お菊の皿』『酢豆腐』の古典 への憧憬と、
7/23立川談春師匠の三十周年ファイナル『もとのその一』@目黒パーシモンで新し いレジェンド誕生とも感じた『たがや』『小猿七之助』『居残り佐平次』。。
そして、
7/11の柳家喬太郎文京シビック『稲葉さんの大冒険』『鬼背参り』は、振り幅の 広い表現を実に見事に!
鬼背、09年に田中泯氏と競演して頂いた経験もある僕には特に胸に響く。
原作夢枕獏氏の恋の狂おしさと優しさを繊細な解釈で至芸に!

で、その喬太郎師匠に、7/24山梨県立文学館で小泉八雲噺を演っていただいたので す。
これが素晴らしかった!きょうれつに心に響き良かったなあ。

完全独演。
入船亭扇橋師匠へのオマージュとも感じてしまった
滑稽美たっぷりの『まんじゅうこわい』で、客席を和ませたあと、
小泉八雲珠玉の二席。

出羽の実在した怪力侍と産土神伝説を見事に美しい逸話に昇華した『梅津忠兵衛』、
『死神』で独自の世界観を構築した喬太郎師匠が、産土まで描くとは!快挙です。

そして、人の業を暴くピカレスクと女の情緒の織り成す『雉子政談』!
出色の高座!

そして、この夜幸せだったのは、『まれ』『リスクの神様』などのテレビドラマや、 さまざまな場での踊りや演出、秋にパルコ劇場で宮沢リエ、石原淋、松岡正剛との舞 台準備やらで多忙な中田中泯さんが、
喬太郎か小泉八雲をやるってと、駆けつけて下さった。

いずれ、この二人で、

藝大、谷中天王寺「鬼背参り」、紀伊國屋『死神』につづく第三弾
柳家喬太郎、田中泯の小泉八雲を何処かで演ります。いま、場所を探してます、どう しても火の玉を飛ばしたいんです。
ここに宣言。

ね、この日記も、ちいさくチェックしてくださいね。


そして今朝の山日一面に泯さんの価値ある発言。大事な内容、山梨の方以外にも読ん でほしいので、
写真掲載してみますね。








UserCPU TIME: 0.0078 sec.