らくご@座
高田文夫事務所松田健次&ざぶとん亭馬場との企画ユニット
らくご@座2017公演
詳しくは↓
らくご@座HP


らくご@座・紀伊國屋ホール


   白鳥・三三両極端の会 vol.12
日時 2018.5.1(火)18:30開場 19:00開演
会場  紀伊國屋ホール
出演  三遊亭白鳥 柳家三三
芸風がまったく両極端のふたり
お互いに宿題を出し合いながら
数々の波紋を呼ぶ高座が生まれてきました
かれこれ12回目となります今回の宿題は・・・
    ▽
白鳥「三三への宿題は、
   おれ以外の新作を誰かに稽古つけてもらって~」
    ▽
三三「白鳥アニさんへの宿題は、
   架空の生き物が活躍する噺で~」
    ▽
どうぞご期待ください!
 料金  3500円 (全席指定)
チケット 完売御礼 当日券発売は未定です

詳細はらくご@座HPを覗いてね。
らくご@座HP


===============

あかね書房から、子供から大人まで楽しめる画期的な
落語絵本シリーズが誕生!
あかね書房・古典と新作らくご絵本HP
「古典と新作らくご絵本」
ざぶとん亭ばば監修・編集をさせていただきました。
好評発売中!

古典と新作 らくご絵本 (10)
夢金
立川談春 文/寺門孝之








古典と新作 らくご絵本 (9)
だんご屋政談
春風亭一之輔作/石井聖岳絵/ばばけんいち 編








古典と新作 らくご絵本 (8)
モモリン
立川志の輔作/いぬんこ絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (7)
とのさまと海
三遊亭白鳥作/小原秀一絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (6)
ぬけすずめ
桃月庵白酒文/nakaban絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (5)
りきしの春
春風亭昇太作/本秀康絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (4)
おうじの狐
柳家三文/原マスミ絵/ばばけんいち 編






古典と新作 らくご絵本 (3)
ふどうぼう
林家たい平文/大畑いくの絵/ばばけんいち 編



古典と新作 らくご絵本 (2)
ろじうらの伝説
柳家喬太郎作/ハダタカヒト絵/ばばけんいち 編


I 古典と新作 らくご絵本 (1)
ねっけつ!怪談部
林家彦いち 作/加藤休ミ


定価1,620円 (本体1,500円+税)/小学校低学年以上/ISBN978-4-251-09501-5
落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシ リーズです。1作目は、熱血落語家・林家彦いちの新作落語から。絵は、異能のクレ ヨン画家・加藤休ミ!



RECOMMENDATION! NO.1webRADIO 白酒のキモチ。 SonyMusicDirect

桃月庵白酒師匠の落語&面白トーク!
古典落語、ロック、カウリスマキ、&anythingFantastic!
ざぶとん亭ばば、楽しく聞き手を務めておりまする。

プロモ動画も目が離せないよ。必見ロール!

ぜひ、お聴きくださいね!

白酒のキモチ。


2016/02/03 国本武春さんありがとう!!!!!

風流日記一覧へ

いま。僕は銀座線で浅草向かってます。
講談の大立者、わが尊敬の国本武春先生のお別れ会へ、向かっている現実が信じられない。
偉大なるアーティストを失った。。
僕なりの追悼で、
僕が一番印象的だった2007年のPARCO公演のリポートを再掲載します。

国本武春さんを知らない方も、こんなに素晴らしい表現者がいたことに驚いてほしい!

2007/07/05  どかーん!武春劇場 桃中軒雲右衛門的浪曲と昇太的ブルーグラス

風流日記一覧へ

昨年もよかったけど
今年もいいのよー。国本武春さんのパルコ公演!

渋谷パルコ劇場
『国本武春 〜日本浪曲史と気さくな黒船』

初日から楽日まで五日間、
浪曲の誕生から、明治の黄金期、大正昭和のラジオの隆盛に乗った浪曲ブーム そして衰退、歌謡浪曲、、そして未来の浪曲と、
栄枯盛衰の浪曲史から国本さんの抱く未来の夢までを連続日替わりで読み切る。

こりゃあ毎日通いたくなっちゃうよ。 もちろん一日毎でも十分楽しめる。

きのうの初日は『浪曲の誕生』と題し 説教節、浮かれ節、あほだら経、 江戸時代 路地裏で演じられる大道芸としての 浪曲誕生 をたっぷりとやったそうだ。

さて、今日二日目は、『大劇場とSP盤』と題して、 明治時代の浪曲の中興の祖、スーパースター・桃中軒雲右衛門の大特集。

国本さん曰く、
江戸時代、大道芸だった浮かれ節転じて浪花節が、だんだん人気が出て来て、
ちょんがり、とか、ちょんがけ といわれる、粗末な特設の小屋がけの中の芸としてに発展して、 明治になって、さらに寄席芸として黄金期を迎える。

その立役者が、桃中軒雲右衛門。
常に長蛇の列が出る程 すげえ人気だったそうで、 一種カリスマで、観客にこびることない芸風で、 華やかに飾られた舞台のには、
「拍手喝采御無用」
「武士道鼓吹」
の二つの垂れ幕を吊っていたというから、驚きだ。


今夜 国本先生、そんな桃中軒雲右衛門になりきり、
「拍手喝采御無用」「武士道鼓吹」という垂れ幕を下げ、たっぷりと、、、、

とは、いかないで、
やっぱ、「拍手」は欲しいじゃないですか、と 歴史説明が終わると、その垂れ幕はとっとと、吊上げ、
いつもの自分のペースで、
しかも、大作「南部坂雪の別れ」をたっぷりと。
迫力あったなあ。 久しぶりの本寸法の浪曲。


そして、第二部は ご存知 国本的ブルーグラス。
世界初の三味線ブルーグラスバンド。
「国本武春&ザ・ラストフロンティア」  よかったよ!

そして、特別ゲストに
我らの 春風亭昇太 !!
下北沢のSWAまつりでもみごとに演奏した、「オートハープ」を抱えて登場!
拍手喝采、「まってました」と声をかけると、舞台で反応「そ、いいね、それ」。
場を盛り上げたところで、

「実は、ボク高校時代、ブルーグラスバンドやってたんです」 受けたねえ、客席と一体化だ。
「で、この楽器、オートハープっていうんですけど、国本くんに訊いたら、これはブルーグラスの楽器じゃないって、、」 会場どっかーん。

なんでも、オートハープは、ブルーグラス以前、カーターファミリー時代に流行った楽器で、ヒルビリーとか、アパラチアソング(イギリスからの移民がアメリカに移住してアパラチア山中に残した歌、映画にもなってます)の楽器だということ、
まさに、ブルーグラス以前。 
マニアックだねえ昇太クン。

さて、フューチャリング昇太での演奏もおみごとでした。オートハープもいい音だなあ。

昇太クンは
「ビクトリーラグ」 と、 
ミートホープネタの替え歌「are you missing me?」
の二曲を披露。

終演後、満足そうな昇太師匠。ごきげんでした。 

日曜日は、いよいよトロンボーン持って、カラフル参戦、SAKEROCKと共演です。

(以上2007の日記再掲載。)

国本武春先生のご冥福を心から祈ります。 ざぶとん亭ばば拝




UserCPU TIME: 0.0000 sec.