らくご@座
高田文夫事務所松田健次&ざぶとん亭馬場との企画ユニット
らくご@座2017公演
詳しくは↓
らくご@座HP


らくご@座・紀伊國屋ホール


   白鳥・三三両極端の会 vol.12
日時 2018.5.1(火)18:30開場 19:00開演
会場  紀伊國屋ホール
出演  三遊亭白鳥 柳家三三
芸風がまったく両極端のふたり
お互いに宿題を出し合いながら
数々の波紋を呼ぶ高座が生まれてきました
かれこれ12回目となります今回の宿題は・・・
    ▽
白鳥「三三への宿題は、
   おれ以外の新作を誰かに稽古つけてもらって~」
    ▽
三三「白鳥アニさんへの宿題は、
   架空の生き物が活躍する噺で~」
    ▽
どうぞご期待ください!
 料金  3500円 (全席指定)
チケット 完売御礼 当日券発売は未定です

詳細はらくご@座HPを覗いてね。
らくご@座HP


===============

あかね書房から、子供から大人まで楽しめる画期的な
落語絵本シリーズが誕生!
あかね書房・古典と新作らくご絵本HP
「古典と新作らくご絵本」
ざぶとん亭ばば監修・編集をさせていただきました。
好評発売中!

古典と新作 らくご絵本 (10)
夢金
立川談春 文/寺門孝之








古典と新作 らくご絵本 (9)
だんご屋政談
春風亭一之輔作/石井聖岳絵/ばばけんいち 編








古典と新作 らくご絵本 (8)
モモリン
立川志の輔作/いぬんこ絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (7)
とのさまと海
三遊亭白鳥作/小原秀一絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (6)
ぬけすずめ
桃月庵白酒文/nakaban絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (5)
りきしの春
春風亭昇太作/本秀康絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (4)
おうじの狐
柳家三文/原マスミ絵/ばばけんいち 編






古典と新作 らくご絵本 (3)
ふどうぼう
林家たい平文/大畑いくの絵/ばばけんいち 編



古典と新作 らくご絵本 (2)
ろじうらの伝説
柳家喬太郎作/ハダタカヒト絵/ばばけんいち 編


I 古典と新作 らくご絵本 (1)
ねっけつ!怪談部
林家彦いち 作/加藤休ミ


定価1,620円 (本体1,500円+税)/小学校低学年以上/ISBN978-4-251-09501-5
落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシ リーズです。1作目は、熱血落語家・林家彦いちの新作落語から。絵は、異能のクレ ヨン画家・加藤休ミ!



RECOMMENDATION! NO.1webRADIO 白酒のキモチ。 SonyMusicDirect

桃月庵白酒師匠の落語&面白トーク!
古典落語、ロック、カウリスマキ、&anythingFantastic!
ざぶとん亭ばば、楽しく聞き手を務めておりまする。

プロモ動画も目が離せないよ。必見ロール!

ぜひ、お聴きくださいね!

白酒のキモチ。


2016/02/24 絵本『ろじうらの伝説』ライブ前夜  絵本と僕

風流日記一覧へ







ぼく 58才 男。

りっっっぱな おじさん、 おやじ である。

そんな いいおとなが、 そっと言いますが、

「ぼく、絵本好き です。ずーっと。」

あはは、

なんか はずかしい。しょうじき。

いやいや、なんの はじるものぞ。

高校の頃から、従姉の影響で集め始め、
芝居の脚本や美術やってたから、どうしても絵に関心が。
月刊すばるのスクーリングにも行ってました。

その雑誌に渾身の評論で、応募したりしてね。結果が来る前に、倒産しちゃったけ ど。とほほ。

絵本の世界はね、
絵と物語の織り成す、ポエジーやファンタジーはもちろん、
心の奥底に、垂直に滲みて行く 重い感情さえも、
じつに誤摩化すことなく表現している人がたくさんいる。


そう、感覚的には、現代アートです。

いま、村上隆や奈良美智を観るのと同じ感覚で

上野紀子、なかえよしを、佐野洋子、
佐々木マキ、片山健、スズキコージ、
長新太、東君平、
いやあ、はまりました。

クマさんこと篠原勝之さんに、自費出版の絵本を売ってくれと、状況劇場の芝居の休 憩時間に頼んだり、

長谷川修平のデビューがロック感覚で新鮮で、吉祥寺のぐゎらん堂にライブを聴きに 行ったり、
黄金劇場のチラシを描いていた赤瀬川原平のビラ絵を集めたり、零円札を買ったり、

なかえよしを上野紀子ご夫妻の中に、滝口修造がマルセルデュシャンのオブジェを覗 き込んでいる姿があるのを見つけたときは痛快だったなあ。

このなかえよしを上野紀子ご夫妻の作品に一番、心惹かれました。

彼らの『まどべのおきゃくさま』こそ、日本の絵本の代表です。僕の中では。

この絵本の謎解き じつに面白いですよ。

こんど、じくり読んで下さいね。

さて、あした
ぼくがプロデュースさせてもらった
柳家喬太郎師匠作、ハダタカヒト絵『ろじうらの伝説』の発売記念ライブです。

筒井大介君(野分仕事室)、あかね書房木内麻紀子さんのご尽力で
素晴らしい絵本になりました。

キチムさんでの公演、おかげさまで満員札止めになりました。
いまお声をおかけしている人以外、一緒の時を過ごせませんので、
おいでになれない方に、
あした、

ライブが終わりましたら、遅くならないうちに

必ずやリポート掲載しますね。


おまけ
↓ぼくの絵本コレクション一部 と 当時の僕と女房












UserCPU TIME: 0.0078 sec.