らくご@座
高田文夫事務所松田健次&ざぶとん亭馬場との企画ユニット
らくご@座2017公演
詳しくは↓
らくご@座HP


らくご@座・紀伊國屋ホール


   白鳥・三三両極端の会 vol.12
日時 2018.5.1(火)18:30開場 19:00開演
会場  紀伊國屋ホール
出演  三遊亭白鳥 柳家三三
芸風がまったく両極端のふたり
お互いに宿題を出し合いながら
数々の波紋を呼ぶ高座が生まれてきました
かれこれ12回目となります今回の宿題は・・・
    ▽
白鳥「三三への宿題は、
   おれ以外の新作を誰かに稽古つけてもらって~」
    ▽
三三「白鳥アニさんへの宿題は、
   架空の生き物が活躍する噺で~」
    ▽
どうぞご期待ください!
 料金  3500円 (全席指定)
チケット 完売御礼 当日券発売は未定です

詳細はらくご@座HPを覗いてね。
らくご@座HP


===============

あかね書房から、子供から大人まで楽しめる画期的な
落語絵本シリーズが誕生!
あかね書房・古典と新作らくご絵本HP
「古典と新作らくご絵本」
ざぶとん亭ばば監修・編集をさせていただきました。
好評発売中!

古典と新作 らくご絵本 (10)
夢金
立川談春 文/寺門孝之








古典と新作 らくご絵本 (9)
だんご屋政談
春風亭一之輔作/石井聖岳絵/ばばけんいち 編








古典と新作 らくご絵本 (8)
モモリン
立川志の輔作/いぬんこ絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (7)
とのさまと海
三遊亭白鳥作/小原秀一絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (6)
ぬけすずめ
桃月庵白酒文/nakaban絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (5)
りきしの春
春風亭昇太作/本秀康絵/ばばけんいち 編







古典と新作 らくご絵本 (4)
おうじの狐
柳家三文/原マスミ絵/ばばけんいち 編






古典と新作 らくご絵本 (3)
ふどうぼう
林家たい平文/大畑いくの絵/ばばけんいち 編



古典と新作 らくご絵本 (2)
ろじうらの伝説
柳家喬太郎作/ハダタカヒト絵/ばばけんいち 編


I 古典と新作 らくご絵本 (1)
ねっけつ!怪談部
林家彦いち 作/加藤休ミ


定価1,620円 (本体1,500円+税)/小学校低学年以上/ISBN978-4-251-09501-5
落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシ リーズです。1作目は、熱血落語家・林家彦いちの新作落語から。絵は、異能のクレ ヨン画家・加藤休ミ!



RECOMMENDATION! NO.1webRADIO 白酒のキモチ。 SonyMusicDirect

桃月庵白酒師匠の落語&面白トーク!
古典落語、ロック、カウリスマキ、&anythingFantastic!
ざぶとん亭ばば、楽しく聞き手を務めておりまする。

プロモ動画も目が離せないよ。必見ロール!

ぜひ、お聴きくださいね!

白酒のキモチ。


2016/02/25 絵本『ろじうらの伝説』完成記念ライブ@キチムの伝説

風流日記一覧へ
絵本『ろじうらの伝説』ライブ@キチム大成功!

喬太郎師匠の名作を、絵本にさせて頂いて、
新人画家ハダタカヒトの幻想的かつユーモラスな絵で
素晴らしい作品になった。

記念ライブやりますよー、と告知したのはいつだっけ。。

去年の11月からくらいかな?

兎にも角にも、凄い勢いで完売したのである。
ありがたや!
チケット争奪戦の様想呈して、
即完売。
買えなかった方々、ほんと、ごめんなさい。

世の中。チケット即完売が、役者冥利につきるぜ!的な、アゲアゲ、バブル感、
または、おれの人気どう?みたいな風潮あるけど。
おれたち、慣れてないんで、
なんか後ろ髪引かれる思い。

ライブ主催でね、一番ありがたいのは、当日券出して、そんでストン!ってチケが無くなるっていう、
ちょうど会場キャパと来てくれるお客様の数がドンピシャな公演!
これこそ良い感覚なんですよ。

それは実現できるんです。

例えば、志の輔らくご は、その昔、新宿西口の安田生命ホール時代、当日券必ず出してくれたし、そして、その当日券で、通路の座布団席が出来て、ものすごい会場みっちり感が創出されたの。
当日券少し出して、ドンピシャ満席とか目の当たりにしてますよ。

大切なサービスでもあります!

今回、これなかったお客様、ホントごめんなさい。


さて、ろじうらの伝説ライブ。

場所も、吉祥寺の東急の北側の 路地裏、西三条通り。
法事、路地裏、都市伝説、という
いままで絵本になりずらかった要素を
作品にした珍しさもあるので、

先ずは編集者三人、
野分編集室筒井大介くん、あかね書房木内三人、僕の御礼、挨拶、
喪服を模した黒服で、数珠。
ガラリと雰囲気を変えて、
絵本を映像で流しながらの、
寒空はだかさんの絵本『ろじうらの伝説』朗読。
作品が別の命を吹き込まれ、再び生まれる瞬間の様な喜び。
ストーリー展開やセリフで。どんどん受けている。

大喝采のあと、
柳家小太郎さん司会で
作者、喬太郎師匠、ハダタカヒト画伯、
寒空はだかさんの
ろじうらの伝説座談。
ここでの、小太郎さんの絵解きに狂喜の拍手、そして画家ハダタカヒトの才気!

絵本の細部にわたっての楽しみ方を共有しました。

「僕もですが作品が喜んでます」などなど、
随所に喬太郎師匠の素敵な言葉。

お仲入りで、
高座を立ち上げ、

小太郎『馬のす』
はだか スタンダップコミック
喬太郎『明日に架ける橋』

最高のライブとなりました。

終演後、二人のサイン会に長蛇の列。
ファンの皆様から大満足の声をかけて頂いて、
いやあ、泣きたいくらい嬉しかったよー。

格別な余韻。。。。。


絵本『ろじうらの伝説』、今後ともよろしくね!







UserCPU TIME: 0.0078 sec.